エニグマ(Enigma)という自動売買システムが公開される?

FXシグナルソフト

どうやら近日中に、エニグマ(Enigma)と言う名の自動売買システムが公開されるとの事。
この自動売買ソフトは、大富豪のみが知る究極のEAとの事。

何でも、完全自動売買なので、片手間で資産を増やしていけるとの事。

これまでにほったらかしで5000億の資産を築き上げた実績を誇り、
※近日中にこの「エニグマ」が一般公開されるとの事です。

大富豪専用・完全自動売買ソフト「エニグマ」とは?

公式プロモーションサイトによると、このエニグマなる自動売買ソフトとは、

上位1%のトップの富裕層のみが所有する一品との事。

つまり、これまではお金持ちしかこのエニグマを所有することが出来なかったという意味ですね。

因みに、「トップ1%の富裕層」とは、
世界の富裕層なのか、日本なのかは不明ですが、

仮に日本の富裕層であれば、わずか100万人前後になります。

1%の富裕層とは年収1億円以上の層を指し、
人口に対してかなり低い確率でしか存在しません。

では、このエニグマのこれまでの成績を見ていましょう。

エニグマの過去の実績

上記のデーターからすると、1万円が5000万にまで増えていいます。
運用期間は2016年~になっているので役6年間の実績になります。

もし、このデーターが本物であればただ者ではないシステムですね。

ぶっちゃけ、1万円をたったの6年で何十倍にも増やせるのであれば
私もこのエニグマを手に入れたいと本気で思います。

ただ、6年という長期運用の末の成果ですが、
2016年と言えば、丁度トランプが大統領になった年であり、米国株が大幅にUP.

この年から2022年までの相場を振り返ってみると、
為替に関してもアベノミクスの延長の影響をやや受けた頃であり、

さらにコロナショックでトレンドが大きくトレンドが傾い方と思えば、
ご存じのように昨年は「超ドル高」になり、円が一時ドルに対して150円台まで下がった時でもあります。

こう考えると、過去6年間で公判の1~2年は非常にトレンドが大きく動いた頃。

この「エニグマ」なる自動売買ソフトも
こうした相場の恩恵を受けた可能性も関和えられます。

一撃で「数百万の利益」を叩き出した?

※以下は100ロットでエントリーした時の利益獲得の画像との事です▼

100ロット=100万通貨ということです。

流石にこんなに大口の取引を自動売買で行う人はいないと思いますが、
世の中には大胆にも100万通貨とか、100万通貨で挑む人もいるのでしょうか?

私なら怖くてとても無理ですね。

せいぜい10万通貨か5万通貨くらいでしょう。

それも口座のバランスに応じてロットを決めるのが普通なので、
大きなロットで取引するなら、それなりに自己資金が必要になってきます。

また、上記はプロとレーダーかしさん豊富な人の口座での運用と思われるので、
普通のトレーダーは、0.3ロット小口の取引が無難です。

ましてや自動売買ソフトや、半年以上の長期スパンで資産運用を目指していくならなおさらです。

まとめ

今回リサーチした自動売買ソフト「エニグマ」は非常に興味深い内容ですね。
ですが、公式サイトの実績はあくまでも「大くちのロットでの取引になります。

1回の取引で100万通貨など、余程資金に余裕が無ければ難しいと思います。

ただし、

エニグマが本当に信頼できるEAなのであれば、
小口のロットで試してみる価値はあるかも知れません。

レバレッジは「諸刃の刃」と呼ばれ、リターンは大きくてもリスクも倍増します。

ロットが高いと負けた時のダメージが大きいので、
仮にエニグマを導入するとしても、自己資金に見合った堅実的なロットで運用し続ける事が望ましいと思います。

この他の人気自動売買システム

FX自動売買麒麟-Kirin-
FX自動売買に安心感とゆとりを 嘘偽りのない運用成果を公開中

嘘偽りのない運用成果を公開中

今回公開するFX自動売買システムは 麒麟-Kirin-と名付けたものです。
当然、嘘偽り誇大表現は一切ありません
システムの詳細はこちら

 

FX Auto Trading
FX Auto Trading

膨大な時間をかけて開発された「FX Auto Trading」
完全放置でも収益獲得する事を目標に設計されていますので
初心者でも安心してFXに参入していけます。

システムの詳細はこちら

コメント

  1. YUME より:

    自動売買ソフトで高パフォーマンスを維持していく為には、システムのロジックをしっかり理解の上で使用するのが望ましいと思います。

    裁量トレードのリスクヘッジとして自動売買ソフトを活用していくのも有理だと思います。

タイトルとURLをコピーしました