注目の情報



指標スキャルの攻め方~雇用統計偏

マーケット観察・リアルトレード

明日の夜9時半に米国の雇用統計の発表が行われます。

前回はドル円は下げの方向に動きましたが。
果たして今回はどんな動きになるのでしょうか?

非常に期待したい所ですね。

※以下は本日の雇用統計の詳細になります▼

=====================================
21:30 米国
米国3月失業率 ★★★
⇒ 予想3.6%  前回の結果3.6%

21:30 米国
米国3月非農業部門雇用者数変化(前月比) ★★★
⇒  24.0万人 前回の結果31.1万人
====================================

雇用統計の動きのパターンはケースバイケース

基本的に、予想よりも結果が良ければ、
ドル円は上昇し易くなります。

反対に予想よりも結果が悪ければ、
下げる展開に陥りやすくなります。

因みに、ここ2か月の雇用統計の相場のパターンを振り返ると、

2月(1月の発表)・・大きく上昇

3月(2月の発表)・・大きく下落

前回の場合、この直後にSVB銀行の破綻と、
クレディスイスの問題が重なり、

全体的に冷え込んだ状態が続きました。

しかし、結果に関係なく殆ど動かないパターンもあるので、
本当にケースバイケースです。

その時になってみないと分からないです(^^;

では、今回の雇用統計を。
プロのヘッジファンドはどう見ているのか?

この道40年以上のベテラントレーダー岡安氏のアドバイスをご紹介します。

※流石元ヘッジファンド。相場の流れを広い目でみています。

元ヘッジファンド岡安盛男氏の見解

こんにちは。岡安です。

先日のメルマガでお伝えした通り
4月相場は3月相場の真逆を行きますね。

一気に130円に暴落しています。

この日は、”グッドフライデー”ということで祝日。

アメリカもヨーロッパなど各国の市場が休場
ということで、そこまで大きな動きになりにくそうです。

なので、その前にということで今動いているわけです。

金曜日動くと思っていたら無風だったということにも
なりかねないので、ご注意ください。

利益狙うなら、昨日と今日がベストタイミングです!

今回の注文ターゲットはここです。
↓↓↓
ドル円予想レンジ:132.20円~130.60円

===================
本日の極通信(4月7日分)
===================
こんにちは。岡安です。

一昨日発表された複数の経済指標が
予想を下回ったことで

FRBの利上げ停止から更に
利下げへの観測が高まり
米長期金利は低下。

しかし、
イースター前ということもあり
買い戻されて引けていますね。

 

です。

岡安先生のアドバイスはいかがでしたか?

ドル円の予想レンジ:132.20円~130.60円との事。

確かに、この付近はt理光も多いので、
もみ合いそうですね。

逆にこの付近を大きく上下することで、

その後の方向性がある程度決まって来ると見ています。

岡安氏は元ヘッジファンドマネージャーdえあり、
現在も多くの生徒さんの指導を行っておられます。

また、参加者全員の方がこちらの特典をお受け取りになれますので、
この機会にどうぞチェックしてみて下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
「極」入会者全員プレゼント(全部無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
【特典1】FX用語辞典
【特典2】利益を上げるコツ(解説動画)
【特典3】負けトレーダーになる人の共通パターンと克服法(解説動画)
【特典4】MT4の基本操作(PDF資料)
【特典5】予約注文の方法(PDF資料)
【特典6】トレードチェックポイント(PDF資料)
【特典7】ピプスとポイント徹底解説(PDF資料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━

特典や、岡安氏の手法の詳細などはこちら

岡安盛男FXトレード「極」

特典付きレビューはこちら

【※重要なお知らせ】
只今インフォトップの投資・FX系の商材において、
クレジットカードでのご購入が停止状態となっております。

お買い求めの際には、銀行決済・コンビニ決済をご利用下さいませ

※この件に関しましては情報が変更次第、
ブログ等で告知したいと思います。

指標スキャルのコツ~雇用統計偏

ここで

”指標スキャルのコツ”

について、私なりの考えを少しお伝えしたいと思います。

1: 雇用時計なら「ドル円」「ユーロドル」チャートを同時に見る

2: 初めの10分は様子見。

3; 手前の2本の「安値」「高値」いずれかを抜けたら、
様子を見てエントリー。
(※この時動きが不安定であればエントリーは控える)

4 「ドル円」「ユーロドル」を同時に監視する理由は、
双方の通貨のバランスを監視するのア目的。

5 注目するのは「ローソク足の形や勢い」
【インジケーター等は一切使用しません)

6: 発表後、20分~30分するとPIVOT等が意識され易くなるので、
こちらはエントリーしているのであれば、利食いの目安になります。

ケースバイケースなので、確実にとは言えませんが、
参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました