【※チャート付き】お盆明けのドル円相場はどう動く?

中級者・上級者向けFX手法

土曜から本日迄の4日間、
コロナ発生以来3度目のお盆ですね。

しかし、今年は規制制限も前年に比べ大分緩くなったので、
このお盆に帰省された方も多いと思います。

あなた様はどんなお盆休みをお過ごしでしょうか?

私は家でのんびり過ごしています。
人混みが苦手なので(^^;

さて、明日以降はお盆休みも終了し
通常のマーケットが再開します。

とは言え、お盆の間もマーケットは動いていた訳で
休場となるのは日本市場のみなので、

それ程大きな影響はありません。

ですが、先週にCPI(※米国消費者物価指数)の発表以来、
ドル円は大きく下げています。

実はこのメールを書いているのは1日前の8月15日。
週明けのドル円相場はやや「ベアトレンド」であると感じます。

では今後ドル円はどの様な動きになるのか?

あくまでも予想的な意見ですが
チャートを使って解説したと思います。

8月15日(月)のドル円は下目線

先ずはこちらのチャートをご覧くださいませ▼

◆ドル円 日足 8月15日(月)

やや、下落方向を示す「三角持ち合い」ですね。

丁度下方向の「トレンドライン」が引いてある箇所である
「132.200」付近にやや強めのサポートが確認出来ます。

上記のチャートから、
今後考えられる動きのパターンを分析してみました。

【パターン1】※下落パターン

【パターン2】※上昇パターン

あくまでも大雑把にチャート分析をしてみました。
また、必ずこの通りに動くとは限りませんので

あくまでも参考程度にお願いできれば幸いです。

上記チャートの詳細はこちらをクリック

チャート分析のポイント

:2つ以上の今後の動きのパターンを分析
:複数のパターンを予測することで、的中率も高くなる。

:4時間足・日足などは多くのトレーダーに注目され易い。

※この他ドル円と「相関関係」にある通貨や指標との比較、
「逆相関関係」にある通貨ペアなどと比較するのもおススメです。

因みにドル円は「ダウ」と相関関係が高いので、
こちらも今後のドル円動きの判断材料になります。

是非参考になれば幸いです。

※因みに上記の様なチャート分析を含め、
勝率の高い通貨ペアの藩閥方法も、
こちらの記事で書いてみました。

https://fxyume.net/archives/10468
※記事の閲覧にはパスワードの入力が必要になります。

上記はメルマガ読者様限定の公開です。

公式メルマガ「FX勝利の方程式」

FXで勝つために知っておくべきポイントとは??

トレンド相場とレンジ相場を「明確」に区別するには?

たった10秒で可能!トレンドの方向を判断方法

「勝率の高い通貨ペア」を簡単に判別するには?

「マルチフレーム」の正しい判断方法について

どんな相場からも利益を上げて行く為の「プロの戦略」とは?

上記のコンテンツを無料でお受け取り頂けます。

こんな方におススメです!

  • どこでエントリーして良いのか判断に迷ってしまう。
  • 仮にエントリーしてもいつも「損切」で終わる事が多い
  • ブレイクの初動をしっかり捉えていきた!
  • 指値と損切をどこに置けばよいのか判断に迷う
  • FXで安定的に金を稼いでいきたい!

 

上記のうち1つでも当てはまる事が有れば

ぜひ私のコンテンツを無料で試してみて下さいね。

只今、配信コンテンツとは別に無料レポートも配布中です。

2種の無料レポートも配布中!

  • ◆初心者向け・・エントリーの判断方法など
  • ◆中級者向け・・応用を加えた手法を公開

 

上記2つのレポートをお受け取りになれます。

こちらから是非無料でお受け取り下さいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました